2017年度入社 新卒
インフラ/クラウドエンジニア

Yusuke H.

IT・コンサルタント業界に興味をもったきっかけを教えてください。

私は文系出身でIT経験も一切なかったのですが、シンプレクスの選考過程で初めてプログラミングを行い、自分で書いたプログラムが動作するのを目にしてものづくりの楽しさを実感しました。
また、プログラムは論理的に書かなければ思った通りに動作しないという点も私の性格には合っていました。
コンサルティングに関しては、「顧客のために考え続ける思考力が重要な仕事だ」と就活中に知り、元々考えることが好きだったこともあり興味を持ちました。また、顧客以上にその業界についての知識を蓄え、効率的に課題解決に導くという業務内容にも惹かれました。

入社前と入社後で、シンプレクスに対するギャップはありましたか。

入社前後でのギャップはあまり感じませんでした。
年次や性別・国籍などは関係なく、次々と新しい仕事に携わり、その中で成果を上げることができると正当に評価を得ることができます。
当社では「ストレッチアサイン」とよく言われますが、本人の成長を目的としてできるかできないかというギリギリの難易度の仕事を任せることがあります。「ここまで自分に任せてくれるのか?」と現場配属後に驚いたことはありましたね。

現在の仕事内容について教えてください。

インフラ&DX推進グループに所属しています。当社に在籍している人の多くはアプリケーションを開発して顧客ビジネスの促進や成功へと導いていく仕事を担当していますが、我々のグループはそのアプリケーションが動くために必要なサーバーやネットワーク環境を構築することを行っています。利便性を損なわずセキュリティ上の安全性を担保するにはどうすればよいか、システム障害が起きても継続して利用可能なシステムの構成はどうあるべきか、といった“非機能”と呼ばれる領域をメインとしています。
また、近年はビジネス上の競争優位を獲得するためにクラウドやDXに注目している顧客が多く、システムをクラウドに移行していく計画立案の支援や、クラウド上でシステムを構築・運用していくベストプラクティスの設計やコンサルティングも行っています。

あなたの「個性(キャラクター)」を一言で教えてください。

一言で言うと好奇心旺盛です。2020年度に社長賞という全社で10名程度が選ばれる賞をもらうことができたのですが、過去に当社で利用実績のない技術要素や未経験のビジネス領域にチャレンジしていく姿勢を評価されました。
シンプレクスでは日々新しいことにチャレンジできる環境があり、周りからも「やってみたらいいじゃん」と声がかかるので、とても楽しく仕事ができています。また、そのチャレンジが社内的にも新しい試みだった時は、俄然やる気が出ますね。IT業界の技術進化が早いことは、自分の性格にもマッチしていると思っています。

その他の社員インタビュー

Page Top
カルチャーブック公開中↓