2012年度入社 新卒
インフラ/クラウドエンジニア

Hiroyuki M.

就活の状況とシンプレクスに入社を決めた理由を教えてください。

ものづくりや社会を変えるような新たなスキームを作る仕事がしたいと思い、就職活動ではIT企業や商社を中心に見ていました。自分が中身を知らない商材を顧客に提案したり、型が決まっている仕事を安定的にこなしたりするよりも、主体的に何かを産み出すことができる仕事をしたいと漠然とではありますが考えていました。コンサルティングファームでIT業界の一部の側面だけを突き詰めていくこと、大手システムインテグレーターで充実したフォロー体制のもと年月をかけて成長していくこと、それらも選択肢として無くはないと思いました。しかし、自分としてはより広範に、かつ加速度的に仕事をこなしたいと考えていたのでシンプレクスの成長機会、若手のチャレンジ機会を多く得られそうな点が一番の魅力に感じました。また、評価制度が年功序列でなかったというのも大きな要素ですね。ビジネスパーソンとしての成長を目指すならフルベットで働いて、その代わり成長に応じた正当な評価を得られる会社で働きたいと考えていたので、実力主義のシンプレクスが自分には合っていました。

シンプレクスに入社して実際どうですか。

自信を持って、「期待以上でした」と言えます。同年代で似たような業界(ITやコンサルティング)に入った学生時代の友人たちと比べても、自分が日々こなしている業務難易度の高さや裁量の大きさを感じます。
自分にとって、新卒入社時から若手時代、駆け出しマネージャー時代から現在まで、それぞれのステージで新たなチャレンジをすることができています。仕事内容が抜本的に異なるレベルの変化を節目ごとに感じることができる点にはとても満足しています。

現在の仕事内容について教えてください。

顧客に対する事業課題のヒアリングとディスカッションを通じて取り組むべき課題をあぶり出し、当社の技術力の高さを武器に漠然としたニーズをシステムデザインに落とし込んでいく仕事をしています。勢いや人間力に頼ったセールス・コンサルティングを行うのではなく、技術的なバックボーンを土台としているので確固たる自信を持って顧客と対峙することができています。また、DX推進を目指したクラウド技術活用のコンサルティングサービスを行う事業の責任者として、お会いした様々な顧客のニーズを分析し社内メンバーとも協議していきながら、次のビジネスチャンスはどのような形で創出できそうか?といった営業戦略を立案する仕事も行っています。

最後に応募者へのメッセージをお願いします。

「一度しかない人生なら、全力で仕事に熱中したい。」
「せっかく一生懸命仕事をするのであれば、自分がこの会社をもっと大きくしてやる。」
シンプレクスにはそういった想いを持ったメンバーがたくさんいます。
そんな熱さや自信、野心を持った方と一緒に働けることを楽しみにしています。

その他の社員インタビュー

Page Top
カルチャーブック公開中↓