2020年度入社 中途
戦略コンサルタント

Kunihiko O.

前職での業務経験について教えてください。

前職では外資系コンサルティングファームにてインターネット、通信、消費財、金融機関、製造業、官公庁等のクライアントに対する新規事業、営業改革、DX推進、組織設計、人材戦略、業務改革等のコンサルティングをプロジェクトマネージャーとして提案活動からプロジェクト推進までを担当していました。
また、組織・人材プラクティスのコアメンバーとして、調査・研究活動を推進し、メディア等での対外発表等も経験したことがあります。

Xspear Consultingを選んだ理由について教えてください。

多種多様なプロジェクトを経験していく中で、AIやブロックチェーンといった技術の可能性を強く感じていたこと、また戦略、テクノロジー、組織・人材といった全てのテーマをもっと横断的に扱ってみたいという思いが強くなったことが転職を考えた理由です。
その中でXspear Consultingを選んだ決め手としては、自分が事業立ち上げメンバーの1人目としてジョインできるというところが大きかったです。これまでのキャリアで、戦略策定から人事制度設計、採用活動までを経験してきましたが、これを「自分ゴトとして挑戦できる環境」という点が刺さりました。加えて、経営陣とも会話をする中で、シンプレクスの本気度、テクノロジーに対する情熱の強さを感じ、ここでなら楽しく、苦労できるかもと感じました。

現在の仕事内容・やりがいについて教えてください。

金融業界から非金融業界、パブリックセクター、スタートアップとあらゆる業種のクライアントに対して、事業戦略、組織改革、人材育成等のプロジェクトの組成・推進に従事しています。
プロジェクトごとに異なるメンバー、クライアントとディスカッションしながら、変革の道筋を具体化しています。目まぐるしく大変ですが、やりがいを感じていますよ。
それ以外にも新会社であるXspear Consultingの経営メンバーとして、事業計画、人事制度等の整備、採用活動の推進等も担当しています。

日々の試行錯誤は入社時に抱いていた期待通りの毎日ですね。何かを創り上げている、立ち上げているという実感と、これを通して自分がコンサルタント、ビジネスリーダーとして変わってきているという実感があります。当然ながら大変な面もありますが、苦労だとは感じていませんね。自身のコミットメントがプロジェクト推進に活かされ、クライアントから評価いただけたときの喜びは何ものにも代え難いです。また、このような経験をともにする仲間たちと共に成長すること、楽しさを感じられることもモチベーションに繋がっています。

今後のキャリアプラン、目指していきたいことを教えてください。

コンサルタントとしては、ビジネス・テクノロジー双方に精通しており、また技術力の高いエンジニアと協働しながらDXを推進していける存在になりたいと考えています。
また、組織のリーダーとしては、こういったXspear Consultingならではの存在意義に共感できる仲間たちと組織を強く大きくし、クライアントひいては社会に対してよりインパクトのあるプロジェクトや事業を創出していきたいと考えています。

その他の社員インタビュー

Page Top
カルチャーブック公開中↓