2018年度入社 新卒
プロジェクトマネージャー

Yoko Y.

どのように就職活動を行っていたのか教えてください。

当時、具体的にどのような仕事をしたいか明確な答えがあったわけではなく、やりたいことが見つかったときのために、若手のうちに自分の市場価値を高められる環境で働きたいと漠然と考えていました。
そのため、職場環境や社員の価値観を知りたいと思い、まずは業界を絞らずにインターンシップに参加をしていましたね。複数のインターンシップに参加する中で、提案力と分析力を高められれば業界を問わずに成果を出すことができ、さらにITの知見があればアウトプットの幅は広がると考えました。その結果、ITコンサルタントを志望するようになりました。

現在の仕事内容について教えてください。

証券会社のトレーダー/ディーラーが利用する株式取引システムを開発するプロジェクトで要件定義を担当しています。顧客が求める業務要件を満たしながら拡張性と保守性に優れた仕様とはどうあるべきか?お互いがwin-winになる提案とは?どうすれば顧客の利益創出に貢献でき持続的な関係を構築できるか?といったことを日々考えながら仕事をしています。
社内では複数のプロジェクトのマネージャーを兼任しチームビルディングを任されています。
円滑にプロジェクトを運営するために提案内容や契約締結、セキュリティ等について担当者とディスカッションを行うため他部署とも幅広く関わっています。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか。

知識や経験を組み合わせて自分で考え抜いた提案が採用されたり、プロジェクト運用の取り組みが認められたりした瞬間に達成感を感じますね。また、アウトプットが想定通りに出なかった場合にも、原因を分析し次の機会に活かすことで成長に繋がると考えています。直接顧客と対話する機会が多い分、うまくいかなかったときは人一倍落ち込んだりもしますが(苦笑)、その反面、感謝していただけたときの嬉しさは一入です。挑戦する機会が多く、短期間で自分の成長サイクルを回せていることもやりがいに繋がっています。

シンプレクスの雰囲気や人間関係について教えてください。

顧客に対して高付加価値のサービスを提供し続けることがシンプレクスのこだわりです。
これを達成するためにはメンバー同士の協力関係が大切であり、上司への忖度は足かせになる場合があります。そのため、メンバーやリーダーなどの役割分担はありますが、フラットなコミュニケーションが行える組織づくりが全社的になされています。
どのような仕事が向いているのか、将来どのような仕事をしたいのか自分自身のことが分からずに悩む人も多いと思いますが、一緒に働く人たちの価値観や雰囲気を重視して会社を選んでみても良いかもしれませんね。

その他の社員インタビュー

Page Top