2017年度入社 新卒
ソフトウェアデベロップメント

Ryoma T.

学生時代に熱中したことと、どう過ごしていたかを教えてください。

大学で教わった統計解析の技術が実務でどのように利用されているのかに興味があり、ITベンチャー企業のインターンシップに参加していました。データを収集、分析して顧客にネクストアクションを提言したり、ブログを執筆したりといった仕事が中心でした。併せて簡単なWebシステム開発を担当する機会があり、その経験がきっかけとなってシステム開発にも興味を持つようになりました。

就活の状況とシンプレクスに入社を決めた理由を教えてください。

私の会社選びのポイントは「組織に依存せずに、自分で人生をコントロールする実力を身につけたい」ということでした。いわゆる手に職をつけられるような、環境に左右されずにスキルを向上できる業界で仕事がしたいと思っていました。あらゆる産業においてDXやITを用いた作業効率化が加速しているので、ポータブルなスキルを成長させる環境としてIT業界が最も恵まれていると考えました。また、自分でサービスを作って世の中に出せるようになりたい、という憧れもありました。面接担当者や現場社員との対話を進めていく中で、自分の価値観や会社選びのポイントとシンプレクスが一番マッチしていると実感できたため入社を決めました。

シンプレクスに入社して実際どうですか。

実力主義を謳っているので、正直なところ入社前は社員同士の人間関係を少し気にしていました。ですが、実際は年次を問わずフランクに接する風潮があり人間関係は良好でした。また、成長機会として若手に難易度の高い仕事を任せる文化があり、若手の成長に投資してくれる上司や先輩が多いと感じました。ただ仕事を任せるだけではなく、仕事がうまくいかないときやパフォーマンスが思うように出せないときに向き合ってくれる上司や仲間がいたことにも救われました。
時には大変なこともありますが、今も楽しくこの仕事を続けていられるのは周囲の人たちが誠実に向き合ってくれているからだと思います。

あなたの「個性(キャラクター)」を一言で教えてください。

「物怖じしない」ことです。
入社3年目のときに大規模プロジェクトのインフラチームリーダーとして基幹システムの導入を任せてもらう機会があったのですが、関係する複数システム間の接続をどのように実現していくのか、方針・方向性が何も決まっていない状態からのスタートでした。付け焼刃ながら自学しつつ、まずは自分なりに考えうるシステム構成を言語化・図式化し、社内の先輩エンジニアのレビューを通じて技術的な正しさを担保しました。次にプロジェクトマネージャーのレビューを通じてプロジェクト要件としての正しさを担保しました。こうして社内でブラッシュアップした案を最終的に顧客と話して合意に漕ぎつけることができました。自分が最初に描き出したシステム構成案を正解へと昇華させることができたことは自信に繋がりました。社内の上位者に対して、また、自分よりも圧倒的にビジネス経験が豊富な顧客に対して、キャリアや役職の差を気にすることなく臆せずにコミュニケーションを取り、顧客が求める以上の成果を達成できたのは物怖じせず立ち向かうことができたからだと思っています。

その他の社員インタビュー

Page Top